ブログ運営/SEO

WordPressのバックアップを取るためにBackWPUpを入れてみた

スポンサーリンク

このサイトも環境構築が済んで、あとは記事を書いて運用という段階になったのですが、やはり気になるのはデータのバックアップ。

現在運用中のレンタルサーバでは自動バックアップの機能が無いと明言されているので、万が一に備えて定期的なバックアップは取得しておきたい。

そこで調べてみるとWordPressのプラグインで「BackWPUp」が便利そうと分かったので導入してみました。

BackWPUpとは?

WordPressのプラグインのひとつで、管理画面から簡単にバックアップを取得出来ます。

スケジュールにも対応しているので、定期的なバックアップ取得が可能になります。

プラグインの追加

1.WordPressの管理画面に入り、「プラグイン」から「新規追加」をクリック

2.キーワード欄に「BackWPUp」と入力して、表示されたプラグインの「今すぐインストール」をクリック

3.インストールが完了したら「有効化」をクリック

4.下記のようなメッセージが英語で表示されます。PHPとWordPressバージョンのデータ照会のみで個人情報な収集されないとのことなので「Yes,I agree(同意)」します。

ジョブの設定(ファイル系)

すべてのデータを毎日とるのも無意味なので「ファイルデータは週一回」「データベースは毎日一回」を深夜に取得するようにしました。

1.左側メニューのBackWPUpから「新規ジョブを追加」をクリック

2.一般タブでは以下のように設定しました。

このジョブの名前「File」

このジョブは…「ファイルのバックアップ」

アーカイブ形式「TarGZip」

バックアップファイルの保存方法「フォルダーへバックアップ」


3.スケジュールタブでは以下のように設定しました

ジョブの開始方法「WordPressのcron」

スケジューラー「毎週 日曜日 3:00」

4.保存して「ジョブ」を見ると「今すぐ実行」ができていますので実行してみます。

5.バックアップが開始されプログレスバーが進みますので完了まで待ちます。

ジョブの設定(データベース系)

1.続いてデータベースのジョブも追加していきます。

このジョブの名前「DB」

このジョブは…「データベースのバックアップ」、「インストール済みプラグイン一覧」

アーカイブ形式「TarGZip」

バックアップファイルの保存方法「フォルダーへバックアップ」


2.スケジュールには以下のように設定しました。

ジョブの開始方法「WordPressのcron」

スケジューラー「毎日 2:30」※毎週バックアップが3時なので重複させないため。

3.DBバックアップはすべてデフォルト値としました

4.プラグインも初期値としました

5.宛先:フォルダーは「ファイルを削除」を30にしました。30日分は残すためです。

6.ジョブ画面から「今すぐ実行」で手動取得してみます。

バックアップが取れたか確認

ではバックアップが実際にとられたか確認してみます。

WinSCPでサーバに接続してみると…ファイル名をデフォルトにしたせいか、イマイチ分かりにくいです。

ジョブ画面の「編集」から、アーカイブファイル名を変更してみます。

・ファイル系バックアップは頭に「file_」を付ける

・データベース系バックアップは頭に「db_」を付ける

再度WinSCPで接続して確認すると、ファイル名の先頭にfile_とdb_が付いて分かりやすくなりました。

バックアップファイルを自分のパソコンにダウンロードする

これだけではバックアップファイルがサーバーの中に保存されているだけなので、万が一サーバーが故障してデータが飛んだら復旧できません。

定期的にジョブ画面から「ダウンロード」で自分のパソコンの中にダウンロードしておきます。

まとめ

バックアップを取得できましたので、構築した環境やデータが障害で消えても大丈夫になりました。

復元に使うことが無いよう祈るばかりですが、ハードディスク故障によるデータ損失に備えてバックアップは取得しましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ぐらこん

ぐらこん

IT業界歴が長いので技術ネタが多めな雑記ブログです。 「広く浅く知りたがる」性格のため、記事の分野は多岐にわたります。 乾燥肌と過敏性腸症候群を何とかしてQOLを向上したい!

-ブログ運営/SEO

© 2020 ぐらこんブログ